ABOUT JITSUZAISEI

制限のないクリエイティブ表現の場

刺激しあえるコミュニケーションの場=「 面白いを創る。」​

「JITSUZAISEI」は大阪・今里にある、アートギャラリー・レンタルスペースです。

また「JITSUZAISEI」を通してMINAMI MIYAJIMAをはじめ、数名の作家が作品の受注依頼やデザインの依頼を受けております。

JITSUZAISEI-25-5.jpg

このような表現の「場」に「JITSUZAISEI」と名付けことには、大きく分けて二つ理由があります。

JITSUZAISEI-25-1.jpg

Reason 1

一つは、「JITSUZAISEI」オーナーであるMINAMI MIYAJIMAが直感的に出会った言葉であったということです。

MIYAJIMAの制作におけるコンセプトは、「客観視」であり、もののあり方や本質を、多くの人に表現を通じて再度知ってもらいたい、感じてもらいたい、というメッセージがあります。

MIYAJIMAは幼少期から当たり前のようにSNSを利用し、表現の場で活用してきた世代ですが、インターネットの世界で、頻繁に情報が移り変わり、消費されてゆく日々の中で、SNSを通じて情報を発信するが、コンテンツとしては長く続かず、記憶として残りづらいという弊害にある時に直面しました。

この課題を目の前にし、コンテンツを尊重できる場を作ってみたらどうなるのだろうか?と制作活動を行いつつ思案してる際に、「実在性」という言葉と出会います。

また、「実在性」という漢字表記ではなく、「JITSUZAISEI」とローマ字表記にすることで現れる、言葉のキャッチーさに、何かしらの新鮮さを感じることができたと言います。

Reason 2

二つ目は、「実在性」という言葉の意味合いからです。

現実に起こっていることを目で見たり、SNSで受けた情報そのまま鵜呑みにするのではなく、そのモノやコトから得られる、異なる意見、様々な価値観を、例え共通の意識ではなくとも、一度自分自身で立ち止まり、考えることで、想像する力は生まれるとJIITSUZAISEIメンバー一同は思っています。

一つの出来事や出会いをきっかけに、全く別の視点を持てたり、価値観が変わる瞬間がある。それはポジティブであるかも知れないし、ネガティブであるかも知れません。ですが、その気付きを、面白さの発見!というに視点に変えてゆける「場」をコンテンツとして誰かに届けていきたい!

これらの想いを込めて、「JITSUZAISEI」としました。

コンテンツを尊重することによって、面白い発想は話題を呼びやすくなり、より人々の記憶に残りやすくなります。
JITSUZAISEIきっかけでアートの歴史が変わるかもしれませんし、新しい現代アートのあり方を見つけることができるかもしれません。

忘れかけていた記憶を再認識する場所。
もののあり方や本質を再度確かめる。
面白さと、発見の、実在性。

「JITSUZAISEI」はそんな表現の「場」でありたいと思います。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

JITSUZAISEI 25-8@3x.png

秘密基地のようなクリエイティブスペース

JITSUZAISEI 25-4@3x.png

真っ白な秘密基地、大阪今里に誕生

JITSUZAISEI 25-10@3x.png

審査制のリーズナブルなレンタルスペース

top_archive@2x.jpg

これまでに参加して下さった作家紹介

top_staff@2x.jpg

JITSUZAISEIを創るスタッフ紹介

top_members@2x.jpg

メンバーページ(会員制)