top of page

北野雪経 個展「影を浮かべて生きる」




北野雪経 個展「影を浮かべて生きる」

2024年6月8日(土)-6月23日(日) 火・水曜休廊

14:00-22:00 / BAR 19:00~

大阪市東成区大今里4-14-18 JITSUZAISEI

大阪メトロ千日前線今里駅5番出口から徒歩5分

*小作品販売あり、空間演出の依頼OK


/


このたび、北野雪経 個展「影を浮かべて生きる」を開催します。

本展は「影」をテーマとした切り絵表現を行う作家の現在を示す展覧会で、空間全体をつかったインスタレーションをはじめ、写真作品の展示やライブパフォーマンスなどを通じて、多方向から「影の中の美」について迫ります。


「私は、性質の異なるいくつかの影を重ねて虚実曖昧の領域をつくり、作品をとおして、影との接触や調和をはたらきかけます。

影を見つめて、その中に何かを見出そうとする感覚は、文化や美意識が「陰」的である私たちにとって自然な営みのひとつなのです。」



EVENT

⑴ 演奏会 6月9日(日)、チャップマンスティック奏者 Ryuto氏を招きスペシャルライブパフォーマンスを行います。

⑵ 撮影会 会期中の土日19時以降は3F展示室にて「人と影の記録」をテーマとした写真を即興で撮影します。







PROFILE

北野雪経 (1988-) は大阪を拠点に活動する美術家で、「影の中にある美」をテーマとした作品を発表している。

工業高校建築家を卒業後、建築設計施工、百貨店のディスプレイ、アートギャラリースタッフなどの経験を経て、2018年に独立。studio sizma 主宰としてアーティストの表現や世界観を演出、また他ジャンルの表現者とのコラボレーションを行うなどしている.



Opmerkingen


bottom of page